【レコード大賞2023】優秀作品賞にYOASOBIなしが疑問!裏金問題とは?

【レコード大賞2023】優秀作品賞にYOASOBIなしが疑問!裏金問題とは?

2023年のレコード大賞優秀作品賞にYOASOBIがノミネートされなかったことが、波紋を広げています。

YOASOBIの「アイドル」はビルボードジャパン総合ヒットチャートで7週連続1位を獲得したにも関わらず、優秀作品賞に入っていないのです。

それ以外にも大ヒットしたのに優秀作品賞に選ばれていないものがいくつもあり、この原因は裏金問題なのかと疑われています。

この裏金問題というのは本当なのか、考えていきます。

この記事を読んでわかること
  • 【レコード大賞2023】優秀作品賞ノミネートは?
  • 【レコード大賞2023】YOASOBI以外で優秀作品賞に選ばれていない大ヒットした曲は?
  • 【レコード大賞2023】裏金問題って本当なのか?
  • 【レコード大賞2023】YOASOBIが優秀作品賞に選ばれていない理由は?

今回はレコード大賞2023における優秀作品賞の選出基準について考えます。

目次

【レコード大賞2023】優秀作品賞ノミネートは?

レコード大賞2023優秀作品賞ノミネート曲
  • オトナブルー:新しい学校のリーダーズ
  • ケセラセラ:Mrs. GREEN APPLE
  • サマータイムシンデレラ:緑黄色社会
  • 唱:Ado
  • だってめぐり逢えたんだ:純烈
  • Ditto:NewJeans
  • Trigger:JO1
  • NIGHT DANCER:imase
  • 花わずらい:市川由紀乃
  • Mainstream:BE:FIRST

10曲も選んでいるんですね。

こんなに沢山選ぶ必要があるのか疑問はありますが、私が知らないだけかもしれませんが、いくつか知らない曲もありました。

ここに入っていてもよさそうなYOASOBIが入っていないのはどうしてなのでしょう。

ずっと以前には、誰もが優秀作品賞になるような曲は歌えるくらいよく知っていたものですが、今はこれらの優秀作品賞の曲を一般の人が歌えるくらい知っているのかちょっと疑問です。

他にも優秀作品賞に選ばれていない知られている曲が沢山あります。それを次に見てみます。

【レコード大賞2023】優秀作品賞に選ばれていない大ヒットした曲は?

レコ大優秀作品賞
裏金
出典:https://www.yoasobi-music.jp/

これについてはすでに雑誌記事になっています。

「CDTV」のヒット曲年間トップ10に入った楽曲が、ひとつもレコード大賞の優秀作品賞に入っていない。

https://www.asagei.com/

CDTVの2023年間ランキングのトップ10は次の通りです。

CDTV2023年間ベスト10

1位 YOASOBI『アイドル』

2位 Vaundy『怪獣の花唄』

3位 Official髭男dism『Subtitle』

4位 米津玄師『KICK BACK』

5位 Snow Man『タペストリー』

6位 King & Prince『Life goes on』

7位 10-FEET『第ゼロ感』

8位 Snow Man『Dangerholic』

9位 Mrs. GREEN APPLE『ダンスホール』

10位 スピッツ『美しい鰭』

レコ大の優秀作品賞に一つもノミネートされてませんが、どうしてだろうと思いますよね。

特に扱いがおかしいのが、YOASOBIの『アイドル』です。これはBillboard JAPAN総合ソング・チャート『JAPAN Hot 100』では、7週連続で首位を獲得した。5月26日に英語版がリリースされると、6月10日付の米ビルボード・グローバル・チャート『Global Excl. U.S.』でもトップの座に就きました。同チャートで日本語楽曲が首位を獲得したのは史上初の快挙であり、今年最大のヒット曲なのは音楽業界の誰もが認めるところでしょう。

https://www.asagei.com/

世界的にヒットしても優秀作品じゃないってことですかね。

以前からTBSのレコード大賞の楽曲の選び方は疑問視されています。

そして本当にヒットした曲が選ばれないのには、裏金が絡んでいるからだという噂があります。

それについて見ていきたいと思います。

【レコード大賞2023】裏金問題って本当なのか?

レコ大優秀作品賞
裏金
出典:https://www.billboard.com/

これは本当です。2016年に起きて、当時審査委員長の叶弦大会長が謝罪しています。

「日本レコード大賞」の大賞を受賞した「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下三代目)」が大賞受賞のため1億円の“裏金”を支払っていたことを報じた「週刊文春」(文芸春秋)だが、今週発売号でレコ大の最高責任者が記者に対して謝罪している。

https://npn.co.jp/

事務所のバーニングプロダクションが裏金を払っていた領収書があったということを週刊文春がスクープしたものです。

(領収書の発行元は)「バーニングプロダクション」で、EXILEや三代目らが所属する「LDH」に対し「年末のプロモーション業務委託費」として1億円を請求。その1億円が“裏金”となり三代目が大賞を受賞したことを報じた。

https://npn.co.jp/

ということで、お金をばら撒いたから大賞を受賞したという事実があるので、今はないと言われても年間ヒットと全く合わない現在の優秀曲選定はおかしく感じられるため、なかなか信用できないところがあります。

【レコード大賞2023】YOASOBIが優秀作品賞に選ばれていない理由は?

レコ大優秀作品賞
裏金
出典:https://www.yoasobi-music.jp/

理由1 韓流グループが優先されるのがレコ大優秀賞の決まりになっているようであること

今年メンバーが脱退したKing&Princeら旧ジャニーズ事務所のグループが『CDTV』トップ10入りし、韓流グループはレコ大優秀賞に選出されるという、シングル売り上げ無視の『おかしなバランスゲーム』になっている。

https://www.asagei.com/

理由2 裏金を撒いていないからでは?

前で述べたように、裏金を撒いていたアーティストが受賞していることがあるため、このように思われてしまいます。

理由3 ヒットや売り上げには関係なく、TBSに貢献した人が得る賞だからでは?

なんというか、みっともないと思えてしまうのですが、レコ大優秀賞にYOASOBIの「アイドル」が選ばれなかった後で、CDTV特番放送翌日に、TBSはYOASOBIのレコ大『特別国際音楽賞』受賞と番組出演を発表しました。

年間ヒット1位を得たのに完全無視はできないと考えたとしか思えません。

もはやレコ大の権威は地に落ちているように思えます。

まとめ

【レコード大賞2023】優秀作品賞にYOASOBIなしが疑問!ということでなぜ選ばれなかったのか、裏金問題は実際にあるのかについて調べました。

  • YOASOBIの「アイドル」は年間ヒットで第1位を獲得、インターナショナルでも1位を獲得している記念すべき大ヒット曲なのに、レコ大の優秀作品賞に選ばれなかった。
  • 元々レコ大の優秀作品賞の曲目は、年間ヒットチャートとは合わないものである。
  • レコ大には韓流を重視する傾向g他ある。
  • 裏金を過去に使ったことをレコ大審査委員長が謝罪していることから、裏金は存在する。
  • ヒットや売り上げには関係なく、TBSに貢献した人が選ばれるのがレコ大なのではないか。
  • CDTVの2023年間ヒットチャートの発表の翌日、TBSはYOASOBIがレコ大『特別国際音楽賞』受賞と番組出演が決定したと発表した。
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次